横浜ランドマークタワーにて御殿場からの富士山写真展開催

今年も、横浜ランドマークタワー地上69階で、MT.FUJIPHOTOGRAPH~御殿場からの富士山写真展~を開催しております。御殿場市内から撮影された富士山の写真約20点を展示されておりますのでぜひお立ち寄りください。

6月7日(金)~6月9日(日)には、VRゴーグルを活用し、御殿場市の魅力を体感できるブースが設置されます。

御殿場からの富士山写真展

日時

令和元年5月30日(木)~6月12日(水)
(スカイガーデン営業時間 午前10時~午後9時 ※土曜のみ午前10時~午後10時)

場所

横浜ランドマークタワー69階の展望フロア、スカイガーデン(入場の際には入場料がかかります。)

https://www.yokohama-landmark.jp/skygarden/

御殿場にもお越しください

そんな素敵な富士山を御殿場で実際に眺めてみませんか。

梅雨明けには爽やかな夏富士が待っております。雄大な自然に囲まれたスポーツ環境でキャンプ、ゴルフ、温泉、自然散策、歴史探訪など、ひと味ちがった楽しみを味わうことができます。

ぜひご家族、お友達みなさんでお越しください♪

ご意見・ご感想をお聞かせください

あなたの声を待ってます

アピールナウの掲載店にご意見・ご感想をお寄せください。
原則として回答はいたしませんが、毎年の改訂時の参考とさせていただきます。

アピールナウ御殿場

掲載店募集

また、アピールナウ御殿場実行委員会では、掲載店を募集しております。

ご意見・ご感想、掲載希望のお店のご連絡はこちらまで

E-mail:shoukou@city.gotemba.lg.jp

ごてんば豆知識[みくりやそば編]

「御殿場みくりやそば」とは

「御殿場みくりやそば」は、古くから御殿場(御厨)地方の各家庭に独自に伝わる伝統的な家庭料理です。

御殿場地方では、古くから祝い事の際などに、客人への御馳走料理として手づくりのおそばを出す習慣があります。そのおそばこそが「みくりやそば」であり、そばのつなぎに「山芋」や「自然薯」を使うのが特徴で、のどごしの良さと素朴な味わいを兼ね備えています。

出し汁に鶏肉を使用しているのも独特の特徴で、具材として「鶏肉」、「しいたけ」、「にんじん」を使用したものが基本レシピとして受け継がれています。

御殿場みくりやそば

「御殿場みくりやそば」の定義

  • 麺に山芋・自然薯を使用していること。(割合は問わない)
  • 麺は自家製麺もしくは御殿場市内で製麺された麺を使用していること。
  • 原則として麺(製麺に水を使用する場合)及び汁には御殿場の水を使用すること。

そもそも「みくりや」とは?

中世の日本において皇室や伊勢神宮など有力な神社は荘園(神領)を所有し、その荘園では神社などに奉納する米を生産していました。厨(くりや)は台所を意味していますが、御殿場地方には「大沼鮎沢御厨」という伊勢神宮の神主大中臣氏を給主とした荘園があり、このことから御殿場地域が御厨(「厨」の丁寧な言い方) と呼ばれるようになりました。